在籍確認の電話の具体例

MENU

在籍確認の電話の具体例

・在籍確認の電話とは

キャッシングの審査の時に重要なことは、安定した収入を得ているかどうかです。
そのため、現在働いているかどうかを必ず申し込み時に回答します、

 

しかし、中には本当は働いていないのに、キャッシングを利用するために嘘の申告をする人もいます。そこでキャッシング会社は、本当にその人がその職場で働いているかどうかを確認します。

 

その手段が在籍確認の電話です。実際に会社に電話をかけて、キャッシング申し込み者が本当に在籍しているかどうかを確認します。多くのキャッシング会社では在籍確認の電話を行いますが、これに不安を持つキャッシング利用者は多いです。

 

・在籍確認の電話の不安

在籍確認の電話で何が不安なのか、それは会社にキャッシングがばれることです。

 

プライベートのことまであれこれ詮索されたくはないのが普通ですし、キャッシングであれば尚更です。また、キャッシングがばれて、社内でお金にだらしないというレッテルを貼られるのも困ります。そもそも自分で電話をとれずに、事務の人がとるようになっている会社もあります。

 

・在籍確認の電話の例

実際には在籍確認の電話でばれる可能性は低いです。
まず、電話に出た際に、キャッシング会社名を名乗ることはまずありません。

 

必ず個人名で名乗り出るので、その点は問題ありません。
以下は在籍確認の電話の例です。

 

在籍確認の具体例

「すいません、佐藤と申しますが、○○さんはご在籍でしょうか?」

 

「はい、私が○○です。」

 

「お世話になっております。私○○(キャッシング会社名)の佐藤と申します。在籍確認のため、質問に答えていただいてもよろしいでしょうか?」

 

「お願いいたします。」

 

「お名前と干支を教えていただけますか?」

 

「○○で干支はネズミです。」

 

「ありがとうございます。これで在籍確認は終わりですので、審査の結果は追ってメールで連絡させていただきます。ありがとうございました。」

 

本人確認のための簡単な質問が出ることがありますが、例えば先ほどの例の干支のように、本人であれば答えることが難しくない質問なので問題ありません。

 

・電話に出られない場合

例えば基本的には事務の人が電話に出るような会社の場合でも、在籍していることの確認さえ取れれば問題ありません。以下は本人が電話に出られない例です。

 

本人が出れない時の具体例

「すいません、佐藤と申しますが、営業課長の○○さんはいらっしゃいますか?」

 

「もうしわけございません。○○は本日お休みをいただいております。」

 

「わかりました、後日こちらから携帯の方へ連絡してみます。ありがとうございました。」

 

実際に後日に電話をかけるわけではなく、実際に職場に在籍しているとわかればこれで電話は終わりです。本人が電話に出るかどうかというより、在籍の確認をとることが目的なので、このような簡単なやり取りで終わります。