郵送物で家族にバレないようにする方法

MENU

郵送物で家族にバレないようにする方法

・キャッシングで郵便物が送られてくるパターンとは

キャッシングの利用を家族に内緒にしておきたい場合、郵送物が自宅に届くのは困ります。
キャッシングを利用すると、郵送物が送られてくるパターンがいくつかあります。

 

まず、インターネットなどで申し込みをした場合です。

 

インターネットからキャッシングの申し込みをした場合、後日カードと契約書が郵送で届きます。
返済が順調にいけばいいのですが、どうしても間に合わない時もあるかもしれません。

 

返済に遅れがあった時も、郵送物が届くことがあります。

 

追加で借り入れをした場合や、返済を行った場合、ご利用明細が届くこともあります。
大きく分けると、申し込み時、滞納時、ご利用明細の発行時に、郵送物が届くことがあります。

 

・申し込み時の郵送物

例えば、インターネットからキャッシングの申し込みをした場合、後日カードと契約書が郵送で届きます。これが無人契約機や店頭で申し込みをした場合には、その場でカードと契約書が発行されるので、郵送物は届きません。

 

また、キャッシング会社によっては、カードや契約書の郵便物がない場合もあります。

 

他にも、申し込みはインターネットで済ませ、契約書とカードの受け取りは無人契約機で行うことができるキャッシング会社もあります。また、郵便物の届く時間を指定できるキャッシング会社もあるので、都合のいい時間帯を指定するという方法で家族に見られなくすることもできます。

 

・滞納時の郵便物

キャッシングをすると毎月返済をしていくことになりますが、滞納があると電話や郵便物でのお知らせがあります。回避策としては滞納をしないようにするのが一番です。

 

ただし、どうしても返済が間に合わない時には、事前にこちらから連絡をしておきましょう。

 

また、申し込み時には、何かあった時の連絡先に電話番号を登録しています。
自宅の電話よりは携帯に優先的にかかってくるので、携帯の電話は受け取るようにしましょう。

 

・明細発行の郵便物

キャッシングでは各社のATMを使って借り入れや返済が可能です。
提携ATMなど、利用する場所によっては、その場で明細書が発行され倍場合があります。

 

そのような時には、利用明細は郵送で後日届きます。

 

そうならないよう、明細をその場で受け取れるところで取引をしてもいいですが、もっと確実なのは、明細をWEB上で受け取るように手続きをしておくことです。

 

申し込み時には、明細の受け取りについて、電子明細を選択できるキャッシング会社もあります。申し込み時には、必ず確認しておきましょう。