キャッシングの使用用途・使い道は?

MENU

キャッシングの使用用途・使い道は?

・キャッシングの様々な使用用途

キャッシングの申し込みをすると、必ず使用用途についての項目があります。

 

平たくいうと借りたお金の使い道です。金を借りたいと思う動機は人それぞれです。急な冠婚葬祭で来ていく服がない場合や、病気やけがでお金が必要になった場合などの緊急時もあります。

 

また、旅行に行きたいけどお金がない場合や、欲しいものがある場合など、レジャーや趣味の目的の時もあります。生活費が足りなくなってしまったなど、使い道が1つに限定されていない場合もあります。

 

ローンの支払いが払えない、学費が払えないなど、支払いの充填に回す場合もあります。中には、パチンコに使いたい、儲かりそうな株を買いたいがお金が足りないという、ギャンブル性のあるものにお金を使う場合もあります。

 

・使用用途の通りに使わないといけないのか

キャッシングの使用用途で旅行資金だったけど、旅行は急きょ中止になったので欲しかった服を買ったとします。こういた場合、キャッシング会社から何か罰則があるかというと、特にないので大丈夫です。キャッシングはカードが発行されれば、使い道は自由です。

 

初めの使用用途に使った後に、返済さえきちんと行っていれば何度も利用できます。

 

2回目以降はいちいち使用用途を聞かれることもないので、必要な時にはすぐにお金を引出すことができます。ただし、だから使用用途がなんでもいいということにはなりません。

 

・使用用途は審査の基準になります

引出したお金が自由に使えるにも関わらず、使用用途を聞かれるのには理由があります。
それは審査の判断基準にするためです。

 

いくら年収が高くても、ギャンブル目的でお金を貸すキャッシング会社はありません。本人がどんなに確実に勝つと思っていても、ギャンブルでは一気にお金が無くなってしまうリスクがあります。

 

ギャンブルに嵌ってしまうとお金の管理も難しくなり、結局貸したお金が返ってこない可能性もあります。また、ローンの支払いなどの場合も審査には悪い影響を与えます。

 

その場でローンの支払いの補填ができたとして、よく月以降も支払いはありますし、今度はキャッシングの返済も加わってきます。きちんと毎月返済できるのか、審査も慎重になります。

 

・旅行などのレジャーはいいのか

旅行などのレジャー目的でキャッシングを利用するのは、意外と否定的にはとられません。

 

逆に言えば生活費自体には困っていないともとれます。趣味やレジャー目的でキャッシングを利用してくれるなら、返済が終わるころにまた利用してくれるかもしれません。使用用途では、普段のお金の管理がしっかりしていると判断できるなら、そう難しく考えることはありません。