総量規制って一体なに?

MENU

総量規制って一体なに?

・総量規制とは

総量規制とは、貸金業者が貸し付けを行うにあたって定められている規制です。

 

年収の1/3を超える金額の貸し付けが禁止され、50万円を超える金額の貸し付け時には、収入を証明する書類の提出が必要になりました。

 

・年収の1/3を超える金額の貸し付けができない

年収の1/3を超える貸し付けができないということは、自分の年収が300万円だった場合、借入れできるのは100万円までということになります。これは他社も含めた借入総額の話になります。

 

例えばA社でキャッシングの申し込みをしたいが、すでにB社で30万円、C社で50万円を借入れしている場合、A社からは100万円から80万円を引いた分、20万円までしかキャッシングの申し込みができません。また、収入がない場合には貸し付けが行えないので、収入のない専業主婦などはキャッシングの利用が困難になりました。

 

・収入証明書の提出

1社での借入金額が50万円を超える場合、または他社含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書を提出する必要があります。

 

収入証明書とは、源泉徴収票や所得証明書、納税証明書と、給与明細などのいずれかです。

 

例えば60万円のキャッシングを申し込んだ場合にも必要となります。また、申し込みは30万円でも、すでに他社で80万円借入れしている場合には、やはり収入証明書が必要になります。

 

・総量規制の例外

以上は総量規制の基本的な内容ですが、いくつかの例外があります。
まず、年収の1/3を超える金額の借入れについて考えてみると、住宅ローンが組めなくなります。

 

頭金を差し引いても、住宅ローンの価格は年収の何倍にもなる人がほとんどです。
住宅ローンや車のローンは、年収の1/3の中には入りません。

 

例えば150万円の車のローンを払っていて、年収が450万円の場合、借り入れできる総額150万円の内に車のローンは含まれません。他社での借り入れがなければ150万円までならキャッシングが可能です。

 

また、年収の1/3を超える場合でも、おまとめローンのようにキャッシング利用者にとってデメリットがない場合も認められています。緊急の高額な医療費についても、年収の1/3を超えていても借入れは可能です。

 

そもそも総量規制は、キャッシング利用者が破たんしないように定められている規制なので、明らかに利用者に不利になる条件に関しては例外を定めています。

 

・総量規制の対象外

総量規制があるにも関わらず、200万円まで収入証明書類不要なキャッシングなどもあります。
これは消費者金融ではなく、銀行のキャッシングです。

 

銀行は銀行業法の法律によって規制があるので、総量規制の対象外となっています。
50万円を超えるキャッシングでも収入証明書類不要な理由がこれです。

 

年収の1/3を超える金額の借入れを規制しては住宅ローンも組めなくなります。

 

ただし、銀行だから無条件でキャッシングしてくれるわけではありません。
金利が低い分、消費者金融以上に審査は厳しくなります。