キャッシングって収入証明書不要で借りれる?

MENU

キャッシングって収入証明書不要で借りれる?

・収入証明書とは

キャッシングでは収入証明書の提示を求められることがありますが、絶対ではありません。

 

初めての申し込みの時や、キャッシング枠の増額の時などに、キャッシング会社の要望に応じて提出する場合があります。収入証明書とは、収入を得ていることを証明する書類のことです。

 

身近なもので言えば、毎月もらえる給与明細や年末にもらえる源泉徴収票も、収入証明書です。

 

他にも課税証明書や所得証明書なども、収入証明書です。
課税証明書や所得証明書などは、市区町村役場で申請すれば取得することができます。

 

・なぜ収入証明書が必要なのか

収入証明書が必要になる理由は、その人が本当に安定した収入を得ているのかを確認するためです。
キャッシング会社はお金を貸し出す代わりに、利息をもらって利益を上げています。

 

そんなキャッシング会社が困ることは、返済せずに逃げられてしまうことです。
少しでもリスクを減らすために、キャッシング会社はその人の返済能力を必ず審査します。

 

少額のキャッシングであればいいのですが、多額の貸し出しを行う場合には、その人の収入を確実に確認するために収入を証明する書類の提出を求めます。また、収入証明書が必要な理由として、総量規制という法律で義務付けられているという点もあります。

 

消費者金融では、50万円を超える貸し付けや、総額で100万円を超える貸し付けを行う場合には、収入証明書の提示を義務付けられています。消費者金融のキャッシングでは、この条件に当てはまる場合には確実に収入証明書が必要になります。

 

・どんな時には収入証明書不要なのか

収入証明書が必要な場合と不要な場合があります。
まず、少額のキャッシングであれば、収入証明書が不要な場合がほとんどです。

 

総量規制でも提出が義務付けられているのは50万円を超える場合です。

 

他社で100万円に近い金額を借入しているなら別ですが、初めてのキャッシングではそれ程多くの枠はもらえないので、引っかかる可能性は低いです。

 

大手の消費者金融のほとんどが、初めてのキャッシングでは収入証明書は不要です。
また、借り入れ金額が100万円を超える場合でも、収入証明書が不要な場合もあります。

 

それは銀行からのキャッシングです。

 

総量規制の対象になっているのは消費者金融なので、銀行業務は含まれていません。銀行のキャッシングの場合は、50万円を超える金額であっても収入証明書が不要な場合があります。

 

収入証明書を求める基準は銀行側で規定するので、多額のお金を借入れしたい場合は、直接銀行に問い合わせてみるとよいでしょう。中には200万円まで収入証明書が不要の銀行もあります。