WEB完結キャッシングのメリットとデメリット

MENU

WEB完結キャッシングのメリットとデメリット

・WEB完結キャッシングの特徴

WEB契約では、インターネットを使ってキャッシングの申し込みを行うことができます。
インターネットからなので、一部のメンテナンス時間を除いて夜中でも申し込みが可能です。

 

キャッシングには本人確認書類や、場合によっては収入を証明する書類が必要になります。
WEB契約キャッシングでは、必要書類の提出は、スマホなどで写真を撮って送信します。

 

審査は普通のキャッシングの手続き同様に行われるので、夜中に申し込んだ場合、審査は翌日に持ち越されます。WEB契約には様々なメリットがありますが、一方でデメリットもあるので、WEB契約で申し込むかどうかは、メリットデメリット双方を考えて決めるとよいでしょう。

 

・WEB完結のメリット

WEB完結の最大のメリットは、来店不要で手続きができることです。

 

インターネット上で申し込みができて、審査も行ってくれるので、まったく店舗に行くことなく手続きができます。カードは後日郵送で届きますが、キャッシングの希望額を自分の口座に直接振り込んでくれるので、カード発行前にお金を受け取ることができます。

 

また、WEB契約では入力フォームに必要事項を入力していく作業なので、手続きが早いです。

 

どこにいても、いつでも手続きが可能なのは、WEB契約の便利なところです。
とにかくすぐに手続きがしたいということであれば、手続き時間も短いWEB契約が一番です。

 

・WEB完結のデメリット

来店不要でスピーディなWEB契約ですが、デメリットもあります。自分の口座に直接お金を振り込んでもらえるのですが、銀行の振込み業務は15時で終わってしまいます。

 

遅くともそれまでに審査まで完了しなければ、お金が振り込まれるのは翌日以降になってしまいます。夕方などであれば、無人契約機へ行かないと即日でお金を借りることができません。

 

また、WEB契約では入力フォームに必要事項を入力していきますが、不安な点などを確認することがすぐにできません。無人契約機や電話での申し込みの場合、オペレーターと話しながら手続きを進めることができます。

 

手続きが簡単なことはWEB契約のメリットですが、キャッシングについての不安などを相談するのには向いていません。また、WEB契約の場合、インターネットの検索などをしたことがない人にとってはやや敷居が高いです。

 

若い人ならスマホやパソコンで検索位なら問題なくできますが、年配の方の場合、普段ネットを見ない人なら手続きはかえって時間がかかることがあります。ただし、普段ネットの閲覧やパソコンメールを使っているだけのスキルがあれば、手続きが難しいということはありません。