金利について重要な事を教えます。

MENU

金利について重要な事を教えます。

・上限金利と下限金利とは

上限金利も下限金利も、言葉のままの意味です。キャッシングを利用した時に、上限金利を超える利息がかかることはありませんし、下限金利を下回ることもありません。

 

例外として、返済を滞納した時には別途金利がとられますが、普通に利用していれば、利息は上限金利と下限金利の間で決められます。

 

問題は、実際に借りた時に、どの金利が適用されるかになります。

 

・注目すべきは上限金利

初めてのキャッシングの利用であれば、上限金利が適用される可能性が高いです。

 

そもそも金利の決まるポイントは、借入れの金額です。金額が大きいほど金利は低くなります。初めてのキャッシングで何百万円も借入れすることは難しいです。

 

最初に借入れできる金額がそれ程大きくないので、必然的に最高金利が適用されます。
例えば30万円借入れの審査に通ったとして、金利は上限金利が適用されます。

 

・貸金業法に基づいた上限金利

上限金利については貸金業法という法律でも規制されています。10万円に満たない金額の場合の上限金利は20%ですが、10万円以上であれば上限金利は18%です。

 

100万円以上の借入れの場合には上限が15%になります。
この法的に決められた金利より低くする分には問題ありませんが、高くすることはできません。

 

上限金利を18%に設定している消費者金融があったとしても、100万円の借入れをした場合、少なくとも15%を超える金利がかかることはありません。ただし、最初から100万円もの大金を借入れすることは難しいので、結果的に最初の利用では上限金利が適用されます。

 

・20%を超える金利でキャッシングを利用していた場合

もしも先ほどの貸金業法で定められた上限金利を超える利息を払ってキャッシングをした場合、行政処分の対象になります。しかし、法改正前はグレーゾーンと呼ばれている20%を超える金利で貸し付けを行っているキャッシング会社がほとんどでした。

 

もしも過去に、キャッシング会社の利用経験があるならば、払いすぎた利息を取り戻せる可能性があります。何年も借り入れと返済を繰り返していた場合には、思っていた以上のお金が戻ってくる可能性があります。普通にキャッシング会社に行っても、あしらわれるか低い和解金で解決をせまってくるので、法律の専門家に相談するのが早いです。

 

・金利を下げる方法

初めてのキャッシングでは下限金利ではなく上限金利を見るべきですが、金額によって変わるということであれば、複数のキャッシング会社で借り入れをしている状態は効率がいいとは言えません。

 

借入れ総額が大きくても、キャッシング会社ごとの金額が低ければ、すべて上限金が適用されます。
それならば、1社にまとめて借入れ金額を大きくした方が、金利は低くなる可能性があります。