家族にばれずにお金を借りたいなら

MENU

家族にばれずにお金を借りたいなら

・キャッシングと家族

キャッシングをする時に、家族の理解を得られる人ばかりではありません。どうしても家族には知られたくない場合、いくつかのばれるポイントを押さえておく必要があります。

 

・店頭窓口でばれる

キャッシングの申込みは店頭窓口や無人契約機、インターネットで行うことができます。店頭窓口や無人契約機の場合、中に入っているところを家族の知人に見られてしまう可能性があります。

 

店頭窓口などで契約する場合は滞在時間も長いので、それだけ人と出くわす可能性も高くなります。その場合には、自宅周辺より少し離れたところで契約するのがいいでしょう。

 

インターネットでの申し込みの場合は、人に直接見られることはありませんが、パソコンが家族共用なら閲覧履歴や検索履歴の削除はしておくべきです。

 

もしもスマホを持っているなら、スマホからの申し込みの方が安全です。

 

・電話でばれる

まれにキャッシング会社から電話がかかってくることがあります。
電話がかかってくる理由は大きく3つあります。

 

1.申し込み時の確認のための電話
2.滞納があった場合
3.増額のお知らせの場合

 

電話には固定電話と携帯電話があります。キャッシング会社も、他の人にキャッシングがばれないようには配慮してくれるので、携帯電話があれば携帯電話にまずは電話がいきます。

 

申し込み時は電話がかかってくることが想定できるので、対策はしやすいです。

 

問題は滞納と増額です。

 

滞納はしないことが一番ですが、こちらから先手を打って連絡してしまえば問題ありません。
増額については予期せず連絡がくることがあります。

 

携帯があれば携帯へのメールや電話を確認すれば問題ありません。
ただし、携帯電話が繋がらない場合には自宅に電話がかかってくることがあります。

 

携帯電話は常に繋がるようにしておきましょう。例えば料金の未払いなどで携帯電話が繋がらなくなってしまった場合、キャッシング会社から固定電話に電話がかかってくる可能性があります。

 

・郵送物でばれる

キャッシングを利用すると、郵送物が届く可能性があります。一応、パッと見てキャッシング会社とわかりにくいように、差出人のところに消費者金融名を載せるようなことはありません。

 

それでも家族が勝手に封筒を開けてしまう可能性があるので、郵送物は届かないように先手を打っておく必要があります。例えばインターネットで申し込んだ場合は、後日契約書とカードが届きます。

 

カードと契約書の受け取りだけを無人契約機で行えるキャッシング会社もあります。

 

他にも、届く時間帯を指定してくれるキャッシング会社もあるので、カードの受け取り方法は都合のいいものを確認して申し込みましょう。

 

利用明細などについては、郵送ではなくインターネットに電子明細として依頼することもできます。郵便物が心配なら、ネット上で明細を出してもらうのがいいでしょう。

 

詳しくは⇒郵送物で家族にバレないようにする方法