キャッシングに申し込みできる人の条件

MENU

キャッシングに申し込みできる人の条件

・キャッシングの申し込み条件

キャッシングには申し込み条件がありますが、成人して働いているならほとんどの人が申し込みは可能です。基本的には年齢が20歳以上65歳以下までで、安定した収入があることを条件としていますが、申し込む会社によって多少条件は変わります。

 

例えば69歳までなら、キャッシングできるところはたくさんあります。
普通に成人して働いているなら申し込みは可能です。

 

・安定した収入とは

一口に働いていると言っても、職種も勤務形態も様々です。
会社員、公務員、自営業、派遣、アルバイトやパート、日払いの短期アルバイトの方もいます。

 

キャッシング申し込み条件における安定した収入には、会社員や公務員はもちろん、派遣社員やアルバイト、パートも含まれます。契約期間の短い派遣社員でもきちんと安定した収入があると見てもらえます。自営業も同じで、自営業でキャッシングを利用する人も多いです。

 

ただし、日払いの短期アルバイトの場合、安定した収入とは判断されません。

 

また、個人トレーダーやパチンコなど、ギャンブル性の高いもので収入を得ている場合、これも安定した収入があるとは見てもらえません。

 

・申し込み条件はイコール利用可能ではない

成人していればパートやアルバイトでも申し込み条件を満たしていると言えますが、即誰でもキャッシングを利用できるということにはなりません。

 

何故なら、キャッシングの申し込み時には必ず審査があるからです。
申し込み条件を満たしていても、審査に通らなければキャッシングは断られてしまいます。

 

審査で最も重要なことは、借入れや返済についての履歴です。

 

初めてキャッシングを申し込む金融会社であっても、他社での借入れや返済の履歴、クレジットカードの返済履歴、分割払いなどの返済履歴について必ず確認されます。

 

これらの情報は信用情報機関というところに登録されていて、金融会社は簡単に調べることができます。つまり、今までにお金の貸し借りで延滞などがあった場合、審査に通るのが難しくなります。

 

・キャッシングを利用できる人の条件

成人していて安定した収入があり、過去に返済事故などを起こしていなければ、審査に通ることはそれ程難しくありません。ただし、申込む金額によっては、キャッシングを利用できないことがあります。

 

例えば、パートやアルバイトの場合、収入が少ないので多額のキャッシングはできません。

 

また、総量規制という法律により、年収の1/3を越える金額の貸付を消費者金融は行うことができません。年収が90万円なら、30万円を超える金額のキャッシングは行えないのです。

 

銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を越える金額の貸付も法的には可能です。ただし、消費者金融より金利の低い銀行が、より甘い条件で貸し付けを行う可能性は極めて低いと考えるべきです。

 

キャッシングを利用できるかどうかの条件として、金額について考えることも重要です。申込む金額が妥当かどうかは、公式サイトの仮審査やフリーコールへの電話で確認しておいた方が安心です。