アルバイト・パートでも借りれますか?

MENU

アルバイト・パートでも借りれますか?

・アルバイト・パートでも借りれるか

結論から言うと、アルバイトやパートでもキャッシングを利用している人はいます。

 

審査は当然あるので、借りれるかどうかの保証は誰にもできませんが、少なくとも申し込みをすることができます。キャッシングの申込み条件として、安定した収入を得ている必要があります。

 

逆に安定した収入さえあれば、アルバイトやパートでも申し込みは可能です。

 

・アルバイトやパートでも申し込みを断られるケース

アルバイトやパートでも申し込みを断られるケースもあります。

 

同じアルバイトなのですが、短期アルバイトは安定した収入とは見なされません。
日払いアルバイトで働いている場合も同様です。

 

また、アルバイトの面接には受かったがまだ働き始めていない場合も、断られる可能性が高いです。
現在すでに安定した収入を得ていることが条件になります。

 

まだ働いて3か月程度など、期間が短い場合には一度電話などで相談してみるのがいいでしょう。

 

・アルバイトやパートでたくさん借りれるのか

アルバイトやパートでたくさん借りるのは難しいでしょう。

 

総量規制という法律で、年収の1/3を超える金額の貸し付けを、消費者金融は行うことができません。例えば月4万円のアルバイトで収入を得ているとして、年収は48万円、その1/3は16万円となります。この場合、16万円以上申し込んでも断られてしまいます。

 

中には総量規制に引っ掛からない、銀行のキャッシングもありますが、金利を低めに設定している銀行では、審査に通ることは難しいです。ちょっとお金に困った時の緊急用には役に立ちますが、大きなお金は引出せないことを覚えておきましょう。

 

・アルバイトやパートだと審査も厳しいのか

アルバイトやパートであれば、公務員や正社員と比べると、審査には不利に働きます。
ですが、それ程の影響はありません。

 

審査では、雇用形態だけでなく、様々な項目を元に、その人の返済能力を判断します。
年齢、既婚。電話の有無、持ち家の有無などがあり、雇用形態もその判断基準の一つに過ぎません。

 

審査において雇用形態も重要に見えますが、それ以上に重要な項目があります。

 

それが過去の利用履歴です。

 

過去に重大な返済事故を起こした場合はもちろん、返済の遅延があった場合などは審査に大きく影響を及ぼします。逆に、今まで返済事故がない場合には、審査に有利に働きます。

 

キャッシングだけでなく、クレジットカードでの分割払いや、携帯電話の分割支払いの履歴も参照されるので、これらに返済遅れの履歴があるかどうかの方が重要です。